予防

フィラリア

 犬フィラリア症ってなに?
  犬糸状虫という寄生虫が、心臓や肺動脈に寄生することによって起こる病気です。
  フィラリアは蚊によって犬から犬へ媒介され、寄生されると血液の循環が悪くなり、
  体中の臓器に障害が起きます。放置すると死に至ります。

 犬フィラリア症に感染させないためには?
  毎月、春から冬にかけて定期的にお薬を飲ませることで防ぐことができます

 猫にも感染するの?
  犬ではよく知られているフィラリア症。実は猫にも感染することが分かってきました。
  猫のフィラリア症はほかの病気の症状と似ていたり、確定診断が難しいため、
  見逃されているケースが多いと考えられています。きちんと予防すれば、
  確実に防げる病気ですので、毎月1回薬を使って予防しましょう。

混合ワクチン

  ウィルスによる伝染病の治療は困難であり、単独感染しても大変恐ろしい伝染病ですが
  さらに混合感染すると症状も重くなります。これらの伝染病からペットを守るためには
  自己防衛機能を高めるワクチンの接種が必要です。

 ワクチンで予防できるもの(犬)
 ・犬ジステンパー  ・犬伝染性肝炎  ・犬アデノウィルス2型感染症
 ・犬パラインフルエンザ  ・犬パルポウィルス感染症  ・犬コロナウィルス感染症
 ・犬レプトスピラ感染症(コペンハーゲニー) ・犬レプトスピラ感染症(カニコーラ)
 ・犬レプトスピラ感染症(ヘプトマディス)

 ワクチンで予防できるもの(猫)
 ・猫ウィルス性鼻気管炎  ・猫カリシウィルス感染症  ・猫汎白血球減少症
 ・猫白血病ウィルス感染症  ・猫クラミジア感染症

 子犬・子猫のワクチン
  子犬・子猫は生まれてからしばらくは、母猫から譲りうけた免疫で感染症から
  守られます。この免疫を持っている間は病気にかからないという利点がありますが、
  同時にこの間はワクチンを注射しても効果が得られない時期でもあります。
  母親譲りの免疫がなくなる時期は個体差がありますので、2〜3回、ワクチンを
  注射する必要があります。

狂犬病

  狂犬病は人や、犬、猫をはじめとしたすべての哺乳動物がかかる感染症で、
  発症した場合は人も動物もほぼ100%死亡します。有効な治療法がありませんが、
  ワクチンで予防することができます。

 日本では予防接種が義務付けられています
  狂犬病予防法により、生後91日以上の飼い犬の登録と年1回の予防注射が
  飼い主に義務付けられています。

ノミ・ダニ

  ノミ・マダニは多くの病原体を媒介します。そのため、吸血による貧血や皮膚炎
  だけでなく、命さえおびやかす病気にかかる危険性があります。
  ノミ・ダニは人にも感染する病気を媒介するため、定期的な予防が必要になります。

 















 CONTENTS MENU 
  予防
  健康診断
  去勢・避妊
  スタッフ
  往診
  ブログ
  採用情報

 クレジット取扱 
  

 

 

 ペット保険 


アイペットペット保険対応動物病院

 診療時間 
火曜〜土曜日
午前  9:00〜12:00
午後 16:00〜19:00

日曜日・祝日
午前 9:00〜12:00
日曜日は予約制です
 休診日 
月曜日
日曜午後
祝日午後
 住所 
千葉市緑区平山町
1922-64

tel.
043-488-6123

 動物栄養アドバイザー 
         犬と猫の栄養成分辞典